プロテインを飲むと筋肉が作って本当ですか?

Q::筋肉を付けるにはプロテインを飲むと良いとよく耳にしますが、本当に筋肉がつくのですか?あえてプロテインを飲む必要があるのでしょうか?食事だけではだめですか?

 

 

A:プロテインというのは日本語ではタンパク質という意味になります。タンパク質を効率的に摂る手段としてプロテインというサプリメントを摂るんですね。

 

タンパク質を多く含む食品もあります。食事に気を付けながら筋トレして筋肉をつけるという人もいるにはいますね。

 

でも、食品からタンパク質を摂ろうと思ったら、それなりの量を食べないといけないんですよね。その量を毎日食べられるか?というと、飽きて食べられないこともあれば、いつもいつもそういうものばかりも食べてられないってことにもなります。

 

また、吸収率の面からいっても、食事をしてその栄養素が吸収されるまでには時間がかかってしまいます。

 

その点、プロテインだと短時間で消化吸収されるように作られているので、効果があるというわけなのです。

 

筋肉を作るためにはタンパク質が必要だということはご存知だと思いますが、そのタンパク質を効率よく摂るためにプロテインは有効だということですね。

 

 

ところで、筋肉を作るのにタンパク質が本当に有効なのでしょうか?
最近ではアミノ酸に着目する人が増えてきました。
プロテインよりも、アミノ酸系のサプリを利用して、筋肉をつけようとしている人が増えているというのです。

 

firaマッスルサプリというサプリも人気を集めています。3種のアミノ酸を合成したBCAAという成分が筋肉を作るのに役立つということで、この成分を主としたサプリなのです。
細マッチョを目指す人たちにピッタリなサプリなんですよ。

 

もちろん、プロテインも効果がないわけじゃないですよね。
プロテインを飲むと、太るという話もあります。
運動しないとぶくぶく太ってしまうかもという危険性もあります。
そして細マッチョではなく、どっしり感のあるゴリマッチョを目指す人には、かえってプロテインの方が良いという話もありますよ。

 

筋肉を付けるために、食品から摂るか、プロテインを飲むか、またはほかのサプリを飲むか、選択は自分ですることですが、共通して言えるのは、地道な筋トレや食事の管理などは必ず必要だということですね。