BCAAに副作用はないのでしょうか?

Q:筋トレ初心者です。BCAAサプリが良いと聞いて、試してみようと思っているのですが、副作用などはないのでしょうか?気になります。

 

 

A:BCAAというのはアミノ酸だということはご存知ですよね?
そしてサプリですので、薬のような副作用というのは特にありません。

 

決められた量を適切に摂っていれば特に体には害はありません。

 

気を付けたいのは過剰摂取です。多く飲めばよいというものではないということです。
多く飲めばそれだけ早く筋肉がつくわけでもなく、かえって体に害がでかねないので気を付けてくださいね。

 

過剰摂取した場合には、腎臓や肝臓に負担がかかり、機能が低下してしまうことがあります。
BCAAの栄養分は最後には腎臓の機能によって排出されるのですが、過剰摂取するとそれだけ腎臓がフル稼働して負担がかかってしまうのです。なので適量を守るということが大切なんですよ。

 

 

他にも副作用のような症状がでることがあります。

 

例えば体に合わなかったり、過剰摂取した場合に、摂取後に吐き気がくることがあります。
また、ケトン血症や高グルタミン血症などの症状がでることもあります。
いずれも適量を守っていれば特に問題はないでしょう。

 

 

ただ、持病があって病院で治療を受けている人や薬を飲んでいる人は、一度医師に相談することをおススメします。パーキンソン病や糖尿病の治療薬との飲み合わせが悪くて異常が起きる場合があるからです。
他の薬も必ずしも大丈夫というわけではないので、担当医と相談してみてくださいね。

 

 

副作用を起こさないためにできることはあるでしょうか。
まずは、水分を十分に摂るということ。
摂取量を正しく知って、過剰摂取にならないようにすること。
トレーニング量によってはBCAAも適量だと言えども少ないトレーニング量で多く飲んでも意味がありません。
トレーニング量によって飲む量も調節すると良いでしょう。

 

 

BCAAもいろんなサプリが販売されています。どれが自分に合っているかは飲んでみないとわからないでしょうが、評判の良いものから試してみると失敗が少ないように思います。
適量を守り、異常が表れた場合には、できるだけ早く医師と相談したほうが大事に至らないと思いますので、気を付けて健康に筋トレしたいものですね。

 

金剛筋HMB