プロテインには副作用はないのでしょうか?

Q:筋トレしながらプロテインを飲んでいます。偶然聞いた話ですが、プロテインにも副作用があるとか。本当なのでしょうか。それとも副作用の心配はいらないのでしょうか。

 

 

A:プロテインの副作用は特にないと言えばないのですが、人によってはいくつかの症状がでているようです。

 

まず、かゆみがでる。
これはアレルギーが主な原因のようです。プロテインの原料は主に乳由来のもの、大豆由来のものが多いので、その原料にアレルギーを持ってる人がいれば、プロテインでかゆみが出てくる可能性があります。

 

また他社の製品を混ぜて飲むと言う人もいるようですが、こうした場合にもかゆみなどが出てくる場合があります。

 

アレルギーがあるという人は、いきなり大量を飲まないで少しずつ飲んでみることから始めると良いかと思います。
また他社製品のものを混ぜたりせず、適量を飲むと特に副作用の心配はないでしょう。

 

 

次に、体臭があげられています。
プロテインを飲むと体臭が強くなる?

 

プロテインの原料は乳由来のものですが、乳製品や肉類など消化の時間がかかるものは体内に長くのこり、体臭の原因となります。そのせいで、プロテインを大量に飲み続けると体臭がきつくなることがあるそうです。
体臭を改善するには、プロテインは飲んでも、食事での脂肪の量を減らすと良いですよ。

 

 

そしてプロテインを飲むと太るという話もあります。
これは、プロテインが原因というよりも、食事のカロリーと合わせると、カロリーオーバーになっていないか?をチェックする必要がありそうです。

 

もちろんプロテインを飲んでトレーニングをしなければ太るでしょう。
プロテインだけ飲むのが大切なのではなく、日々の食事管理もボディメイクでは重要になってきますよ。

 

 

最後に、プロテインで肝臓や腎臓が悪くなるという話もあります。
肝臓はタンパク質を合成するところであり、脂肪の分解や合成もします。そこに大量のプロテインが入ってくると、タンパク質の分解ができなくなるほど肝臓の機能もおいつかなくなってしまうのです。

 

肝臓だけではなく、余分なものを体外に排出する腎臓の働きも過剰になってしまい悲鳴をあげてしまいます。
なので、適量を守るということが大切なのですね。

 

プロテインを飲む量を守ったり、日頃の食事などを気を付けていれば、特に副作用を恐れることはなさそうですよ。